レーザー脱毛で永久脱毛がかなうまでの注意点

レーザー脱毛は色白向き

レーザー脱毛で永久脱毛状態になるまで、最も注意しなければならないのは、色白の肌を保つことでしょう。レーザー脱毛は、アメリカで生まれた方法です。白人の肌向けに開発されたもので、日本にはレーザー装置が改良されてから導入されました。日本人でも色白の人は透き通るように白いですし、もともと浅黒い人もいます。日焼けしても黒くならない人もいますが、いずれにしてもレーザー脱毛中は、紫外線を避けることが最も大事です。

目に紫外線が入っただけで色黒に

肌のメラニン色素って、肌に紫外線が当たった時だけじゃなく、目に当たったときもつくられてしまうそうです。日焼け止めクリームを塗ったり長袖を着たりして、紫外線を完全防御していても、目に紫外線を浴びると肌は黒くなることがあります。肌が黒くなったら、レーザー脱毛するうえではとっても普都合です。肌にも熱が生まれて、やけど状態になってしまうからです。だから、紫外線の強い時期に外出するときは、サングラスは欠かせません。

レーザー照射後も要注意

レーザーを照射すると、肌は程度の差こそあれ、傷みます。肌に当てずに済むならそれに越したことはないけれど、永久脱毛のために仕方なく照射しているということを忘れずにいたいものです。ストレスをかけてしまった肌は、十分にケアしてあげなければなりません。紫外線を浴びせるなどもっての他ですよ。ダメージを受けている肌に紫外線を当てたら、色素沈着してしまうかもしれません。レーザー照射の前も後も、紫外線は徹底して避けたいですね。

永久脱毛を新宿で行いたい場合には、医療クリニックを利用すると安心です。医療レーザーによる施術で、早くて安い脱毛が行えます。