「全身脱毛」にもたくさんの用途が!?いろいろな脱毛方法!

美しく仕上がるけど○○なニードル脱毛

一言、全身脱毛といっても種類があって、どれがどのようなものかわかりませんよね?そこでこれから3つ、全身脱毛について紹介します。一つはニードル脱毛。ニードル脱毛とは毛穴一つ一つに電気針を入れて毛根に直接ダメージを与えて毛を抜くのですが確実に脱毛でき美しく仕上がる反面、見るからにすごく痛そう。身体中には幾万もの毛穴があって、その一つ一つに電気針が刺さって毛を抜くなんて相当な覚悟を持ち合わせていないと乗り切れないでしょうね。

医者がやるから安心!衛生的なレーザー脱毛

つづいてはレーザー脱毛。レーザー脱毛とは医療用レーザー機器を使用して毛穴にレーザーをそのまま照射して脱毛する方法。この機器は医療用のため、ほとんどは美容外科などにあり医者がやってくれるのでとても安心できます。が、さすがにニードル脱毛ほどではないけど痛みが伴って、出力をあげたらゴムを間近で弾くような痛みって、そんなのが身体のあちこちにやられると想像したらビクビクしてしまいますね。ただ、医者の元でやられるため安全性は保証できると思います。

最もポピュラーな脱毛方法!光脱毛!

この脱毛方法は近年もっとも人気のある脱毛方法といわれています。方法としては先のレーザー脱毛とはそこまで変わらず、メラニン色素のみに反応する波長の光を毛根に照射して脱毛する方法です。先の二つと比べて痛みはさほどないですが、毛が多い人にとっては脱毛完了までに時間がかかったり、思うような脱毛効果が得られないことがあります。このようにさまざまな脱毛方法があってそれぞれに長所短所があります。どれも痛さを伴うものだけどしたい形によって使い分けるのがいいと思います。

数十年前までは脱毛と言っても料金が高く、手の出せないものでしたが今では美容業界でもコスト勝負もあり一万円以下で全身脱毛ができるサロンも多く、10代から50代の女性まで幅広く人気になっています。