一回のサーマクールで一年はたるみのないお肌に!?

急性反応期っていったい?

サーマクールは熱の力を使って、古びたコラーゲンを縮めることでたるんだ肌をリフトアップしたり、肌がコラーゲンを生成する力を取り戻す効果を与えてくれるんですよね。そのために人工的に皮膚の下の方にやけどを作るんです。やけどと聞くとちょっと怖いかもしれませんが、大丈夫!二日くらいで治りますし、あくまでも軽いやけどです。この急性反応期の間は、一時的にハリが減退したように見えますが、保湿ケアをしっかり行って過ごすことが大切なんですよ。

即時効果とコラーゲン

急性反応期を過ぎると、古くなったコラーゲンが縮んでいきます。その結果、メスを使わなくてもリフトアップが可能となるんですよね。そして、軽いやけどを修復させるために新しいコラーゲン繊維を作ってカバーするために細胞が活性化します!その結果、肌にハリがよみがえります。これを即時効果と呼ぶんですよ。だいたい施術後一か月から二か月かけて、リフトアップとハリの復活が継続されていきます。サーマクールの醍醐味とも言えますね。

遅延効果は施術後半年くらい続きます

次に肌に訪れるのが遅延効果です。この遅延効果が表れる期間はサーマクールを行ってから、二か月から半年までの間です。熱で変性したコラーゲンが肌の下で完全に吸収されるまで、新しいコラーゲン繊維は増えていくんですよ。この期間を完全に過ぎると、肌はたるみやすいサーマクール前の状態へと戻っていきます。サーマクールの効果が完全に切れるまでには一年はかかりますが、効果がまだ残っている間に再度行うことで、効果を持続させることは可能です。

サーマクールならシミやそばかすを解消する方法として最適です。超音波を使う方法なので肌に痛みなどはありません。